誰にも知られたくないのにカードローン入会の勧誘電話が職場にかかってくる始末?!

誰にも知られたくないのにカードローン入会の勧誘電話が職場にかかってくる始末?!

カードローンを利用したいけど、何をしたらいいの?
まずはカードローンのことで皆さんが具体的に知りたいことをまとめてみました。

・どこのカードローンを選べばいいのかわからない
→正直たくさんの種類があるカードローンは何を選べばいいのか迷ってしまいます。
緊急にお金が必要な場合は調べている暇もありませんが、大手のカードローンを扱っている会社なら安心かもしれません。

・お金を借りるまでの流れを知りたい
→窓口、ネットなどの申し込み方法があります。
在籍確認などの審査を経てカードを作ることができますが、簡単に時間がかからず終わるのも魅力ですね。

・カードローンで困ること
→誰かに知られるのが怖い、恥ずかしくて相談できないという声が多数のようですが、在籍確認で他人に知られることはないようです。
しかし返済が滞ったり、ローン会社によっては勧誘の電話があったりと例外も・・・

上記以外にもまだまだ知りたいことはたくさんあると思います。
このサイトでまとめているカードローンを利用した人の声を読みながら、カードローンの知りたいことを探っていきましょう。




女性40代
無職

4人家族で自分は現在、病気療養中の為自宅で日頃過ごしており、全員同じ家に同居しています。

20代の頃に利用

ハッキリした年齢が分からないのですが、20~26歳ぐらいにカードローンを利用しました。

買い物の支払いに

多額の買い物をし、ローンの支払いに困った結果カードローンをしました。

相談できるぐらいなら

誰にも相談できませんでした。
お金を借りると家族や知人に相談する人はあまりいないのではないでしょうか。
もし相談できるとしたらカードローンからではなく家族に都合をつけてもらう事も出来たと思います。

誰かに知られる恐怖

一番不安だったのは「誰かに知られたらどうしよう」という事でした。
初めてカードローンをした時に、自分の判断だけで決めてしまって、後悔というか後ろめたい気分だったので誰にも知られずに返済を完了させたかったです。
また、普通に返済出来ていれば全く問題がないのですが名指しで電話がきて職場の同僚や上司に知られたらどうしようという不安もありました。

家族で返済プランを考える

ローンを返済する為にローンを組んで、そのローンを返済する為にローンを・・・という終わりのない事を繰り返していました。
一番知られたくなかった父や親戚に知られたとき、怒るのではなく、家族会議で返済をどうしたらよいか考えてくれ、それを思い出すと涙が止まりません。親身になってくれる親戚だった父にしろ親戚の伯父には一生頭が上がりません。

勧誘の迷惑電話

とても厄介だったのは、返済が完了しているにも関わらず新たなローンを紹介する為に職場に電話が数回あった事です。
ただでさえ借金をしている事は誰にも知られたくなかったのに、わざわざしている事が分かるような対応の仕方はやめて欲しかったです。

独断は禁物

これから、カードローンを組もうか悩んでいる人に伝えたいことは「決してひとりでは判断しない事」です。
切羽詰まった状況でひとりで判断してもいい答えなんてでません。
Copyright(C) カードローンの誤った選択をしないために All Rights Reserved.